造園 植樹 of 株式会社満湧園



グリーンがもたらす、豊かで安らぎのある空間をあなたへ・・・

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



植樹植樹

桜 植樹

コチラは、桜の苗木を合計300本植えた工事の一区画の画像です。雑草が生い茂っている状態から、植樹するまでの行程を順を追って解説しています。

詳しくはこちら

IMGP2360.JPG

伐採と除草

雑草だらけの所に桜を植える訳にはいきませんので、小型ユンボと草刈機を使って徹底的に伐採と除草を行います。この区画の広さは約20平米でしたので、おおよその除草作業が完了するのに、二日程度かかりました。





IMGP2441.JPG

穴堀、杭打ち

ある程度除草作業が完了したら直径約50㎝ほどの穴を掘り、その穴を跨ぐようにして鳥居型の杭を深さ50㎝程度打ち込みます。スコップでひたすら掘るにしても、オーガードリルで穴を掘るにしても必ずといっていいほど石に当たりますので、この穴掘り作業も非常に骨の折れる作業でした。


IMGP2469.JPG

土壌改良、肥料

穴が掘り終わり、杭立ても完了したら、いよいよ植樹作業です。今回は掘った穴にまさ土、土壌改良材、堆肥を混ぜ合わせ植樹していきます。

IMGP2489.JPG

成図間近

二脚鳥居をバンセンでしっかりと固定し、それに桜の木をシュロ縄で固定していきます。割縄もシッカリ掛けて強風にも負けない様に心を込めて作業していきます。

詳しくはこちら