造園 池 of 株式会社満湧園



グリーンがもたらす、豊かで安らぎのある空間をあなたへ・・・

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



ビオトープ

和風 池

コチラは、池を中心とした和風庭園の施行例です。
高木、低木をバランスよく配置し、周りをウッドフェンスで囲み、周囲から隔離された和の空間を演出しております。
また、池にはポンブによる浄化システムを取り入れておりますので、水質維持に関してはほぼメンテナンスフリーを実現しております。

施行例以外にも、洋風庭園、お客様のイメージやご予算に応じて作製いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら

IMGP1943.JPG

穴堀開始

当然ですが、池を作るにはまずは穴堀です。今回作製する池の大きさは、約3m×1m×1mですので、油圧ショベルで大まかに掘り始めていきます。





IMGP1956.JPG

穴堀継続

単純に円形であるとか、楕円であるとか、そこ面がフラットであれば簡単ですが、今回は形状をより自然に近づけ、底面も駆け上がりを作り、完成後に飼育される魚類の生息環境を考え、形を整えつつ掘り進めていきます。



IMGP1966.JPG

ライナー類設置

ショベルでの穴掘りが終了し、手作業で突起物除去が終わったら、最終的な池の形を整える作業をします。それが終わったら、アンダーライナー(クッション材)、プールライナー(遮水シート)を設置していきます。今回は大型の石を使用することを考え、アンダー、プールライナー共に二重に設置しました。

IMGP1978.JPG

池完成図

ライナー類の設置が終わったら、石材を設置し、池の形を作ります。設置が終わると、池の内側の石と石の目地を丁寧にセメントで埋めて、水漏れが無いことが確認できれば完成です。




詳しくはこちら